コラム

首は揉んではいけない!?

首は絶対にもんではいけない!

そんなタイトルの本が

話題になったことがあります。

 

オフィスでちょっと一息つくとき

無意識に首を左右に曲げている人は

たくさんいると思います。

そう、首は疲れやすいしこりやすいのです。

 

しかし首を強めにもむことは

百害あって一理無し!とも言われます。

マッサージ器でも整体でも首は

やらない方がよいと言う方も多いです。

首は脳への血流の通り道だけでなく

自律神経とも密接に関わっています。

むやみに刺激を与えると…

交感神経と副交感神経のバランスに

悪い影響を与えてしまい

体のあちこちに異変をきたす原因となります。

身体の不調はまず首を疑えとも言われるほど。

頸動脈にこびりついた壁や血栓が

外部からの刺激により剥がれてしまい、

それが血流を詰まらせてしまうこともあります。

少しなら大丈夫だろうとも考えられますが、

あまりやらない方が無難そうですね。

 

揉まずにほぐす方法

ではどう対策したらいいのでしょうか。

一番カンタンな方法は画像のように

手を添えて頭を後ろに30秒反らす、です。

筋肉が弛緩し、老廃物を流してくれます。

これなら職場でも気軽にできますね。

お風呂で少し熱めのお湯で

首の後ろをしっかり温めるのも有効ですよ。

 

首は大変デリケートな部位のため

あまりお店や自分でも揉んだりせず、

揉まずにほぐす、を心がけてみてください。